ここは現在EthicsPointの機密扱いで安全なレポート作成構造になっています。下記の中から該当するものを選択できます。 矢印(>) (Arrow Example)をクリックして、作成したいレポートのタイプを選択してください。

City of Portland
Contractor/Vendor Relations Concerns regarding personal ties to or bias towards contractors/vendors (Examples include: awarding a vendor contract to a relative without going through a competitive bid process, allowing a vendor an unfair advantage by giving them proprietary information during the bidding process, bribery, inappropriate customer/vendor relations, etc.)
Employee Benefits Abuses Improper, misleading or deceptive actions/statements, falsification of records, or misrepresentation of actual conditions related to employee benefit plans; including health and supplemental insurance plans and sick or other paid time-off programs.
Stimulus Act Abuse Mismanagement, misuse and/or waste of funds allocated under the American Recovery and Reinvestment Act (including abuse of authority, unfair competition practices, health and safety risks, and retaliation against whistle blowers.)
サプライヤーまたは契約者の不適切な行動 会社の方針および手続きに違反するサプライヤーまたは契約者の行動;個人的利益を基に不適切なサプライヤーまたは契約者を選択すること;契約報酬を不適切に交渉または転換すること。
不適切な贈呈品または贈呈品を受け取ること 事業の関係または決定に影響を与えるために努力したと合理的に解釈される品物(贈与品、貸付、恩恵、娯楽など)を授受または請願すること。個人または個人の家族、友人のために授受または請願された品目。契約交渉中またはそれに関連して授受または請願された品目。現金、小切手、小為替、バウチャー、贈与証書、ローン、株式、株式オプションを受領すること。
利益の抵触 利益の抵触とは、個人、公的には従業員、または専門職の私的利益がその公的義務の客観的遂行に影響をもたらすと十分に思われる状況として定義されます。(例:ベンダーとの不適切な関係、贈収賄、気味時情報の誤用、不適切な顧客との関係)
契約、報告書、記録の偽造 記録の偽造には、利益取得を目的として文書、契約書、記録の全文または一部でも変更、捏造、偽造すること、または文書、契約書または記録の価値を虚偽に提示することが含まれます。
時間の乱用 自分の就業時間をごまかしている従業員または管理職に関する懸念。
横領 個人的に使用するために不正に私物化すること(その人物が担当するように委託された財産)(例:帳簿の誤記、基金の誤用、現金の処理ミス)
盗難 盗むこと;具体的には次の通り:個人的な所有物をその正規の所有者から奪う意図を持って、凶悪に搾取すること。
経理および監査に関する問題 一般的に容認される会計業務に付随する事業および財務処理の記録および分析が非倫理的かつ計画的である。(例:収益の誤記、支出の誤記、資産の誤記、GAAP原則の誤用、不正処理)
その他 あなたが報告したいと思う出来事、行動、情況が上記の定義に含まれていないとかんじる場合は、このヘッダーを利用してください。